私が怖いの!

07 25, 2014
昨日の話・・・。


玄関でしっぽフリフリテディ。


テ「お散歩~♪♪」

私「行かないよ」

テ「お散歩~~♪」

【雷】ゴロゴロゴロゴロ

私「・・・・」

テ「おーさーんーぽー!!」

【雷】ピカッ!ドカーン!!!!!

テ「・・・?行く?♪♪」

私「・・・行かないってば」

【雷】ピカッ!!!バリバリバリバリバリーーーードーーン!!!!!!!

私:(><;;)

テ「!?!? グルルルゥワン!!」
逆ギレ。果敢すぎ




雷をちっとも怖がらないテディ。

雷は危ないの。
それに私は超怖いんだってばさ。



今朝。
0725IMG_2141.jpg
テ「やっと散歩~」



雷で家がビリビリ揺れた昨日。
濡れた道路はめたくそ嫌がるくせに
雷は大丈夫って、なんなの・・・・。



++おまけ++
0725IMG_2106.jpg
海外赴任中の姉に緊急事態。
三連休+有給2日で、急遽行って来たシンガポール。
チチ&テディ&タオさん、留守をありがとう。




にほんブログ村 犬ブログ イングリッシュコッカースパニエルへ
にほんブログ村
↑応援ポチッとお願いします。

散歩はせがみつつも、
昨日はゲロゲロ吐いていたテディ。
今朝復活。

私の留守中でなくて良かった。
元気になって良かったーーーーーー><

スポンサーサイト
0 CommentsPosted in 日記

一気に全部ほしい

07 10, 2014
いつものサイズがなかったので、
一回り大きなガムを買って帰った昨日。



0710IMG_1909.jpg
デーン



なかなかすごいくわえ方だね。


0710IMG_1883.jpg
テ「そう?」



うん…


0710IMG_1908.jpg
テ「じゃあこう?」


笑!!!



思った以上に大きいみたいで、
くわえて歩くとガコンガコン落とすし、
かじるのも大変そうだった。



0710IMG_1882.jpg
テ「大変~」



とはいえ私は、
変顔写真がたくさん撮れて大喜び。
ゲラゲラ笑いながらいっぱい撮ってしまった。




でも、テディの顔芸よりも一番笑ったのが↓↓


0710IMG_1906.jpg
テ「グルルルルルルル(怒」



甘えたくて私の上に載ってくるくせに、
ガムは取られたくないから唸ってるっていう。


なんじゃそら!wwwって突っ込んだよね。



一気に全部ほしいテディ。
面白いのう。



にほんブログ村 犬ブログ イングリッシュコッカースパニエルへ
にほんブログ村
↑ポチッと応援お願いします!

デカガム。
今朝も果敢に攻めていた。


0 CommentsPosted in 日記

テディの寝床考案

07 07, 2014
週末。


0707IMG_1787.jpg
暑くてデロデロの犬。


この後チチの寝返りによってずり落ち、
場所移動。


0707IMG_1823.jpg
顔と足、ベッドからはみ出してる。


0707IMG_1824.jpg
テ「ダメだ。寝にくい」




で、テディが寝床にしたところは・・・・




0707IMG_1793.jpg
テ「ここにすることにした」




え。

そ、そこ?


テディが向かった先は
タオ姉さん家の玄関(=押入れの入り口)。


テディにはどう見ても狭い。
暗いし。コードはわしゃわしゃ。




なーんか、テディは自分のこと
ネコだと思ってそうなんだよな~







++おまけ++
0707IMG_1800.jpg
ホリホリ寝床制作中
0707IMG_1802.jpg
超必死




にほんブログ村 犬ブログ イングリッシュコッカースパニエルへ
にほんブログ村

応援ポチッとお願いします。

七夕ですね。雨ですね。
雲の上は晴れているでしょうけれど。





0 CommentsPosted in 日記

【犬なし犬ブログ・閲覧注意】日本の政治のはなし

07 02, 2014
--【お断り】---
今回は犬ブログとはかけ離れていますので、
気分を害される方は読まないで!




日本に生まれて30ウン年。
初めて、動揺するくらい、
政府に対して憤りと恐れを抱きました。


憲法を変えられないから解釈を変えようって、そんなバカな。
閣議決定が憲法を縛るって、
もはや三権分立崩壊しましたよね。


まず、そのことが一番恐ろしい。




それから昨日行われた安倍総理の記者会見。
なんなんでしょう、あのチンプさ。
冒頭発言も、質疑応答も、まったく中身がない。
そして曖昧さとごまかしと嘘にまみれていた。


嘘やごまかしについては、これを読むとわかりやすい↓
「集団的自衛権」のリアル



冒頭発言の〆に安倍総理が放った

「私は、今後とも丁寧に説明を行いながら、
国民の皆様の理解を得る努力を続けてまいります」

という言葉には、思わず絶句。
体温下がったよね、まじで。


これまでも、昨日のも、説明とは言わない。


これはもう本当に、相当に、
バカにされていますね、私たち。という憤り。



そして公明党のやりきれなかった感も半端ない。
学会関係なしに、今回は公明党が一縷の望みだったはず。
ここまでの楽観が原因で最後にグイと押し切られたはずなのに、
「極めて限定的で抑止力があり、懸念する事態にはならない」だなんて
その口でよく言えたもんだと思う。


公明は自民との離別を選ぶと思っていたのに。
公明が折れたことは、本当に悔しい。



集団的自衛権の行使とか、そういうこと以前に、
いよいよ恐ろしいことになってきたな、
と心底思った今回。



憲法改正という手続きを踏まなければならないことだった。
そうはできない(そうはしない)理由を、急がなければならない理由を、
政府はもっと真剣に、正直に、国民に説明するべきだった。
必死の形相で説得する相手は、公明党ではなく、国民だったはずだ。




この恐怖や憤りをじっくり長く腹にためて
頭だけは冷静に、見極めていかないと。


0 CommentsPosted in 雑記
PROFILE

apelila17

Author:apelila17
タオ
・1998年生まれのプリティーネコ
・ダンナの正妻

テディ
・E.コッカーの男の子
・2012年9月15日生まれ

ブログ管理者のApelila17は編集者

NEW ENTRIES
ARCHIVES
CATEGORIES