FC2ブログ

スポンサーサイト

-- --, --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

テディの家トイレ奮闘記2 「もう、やめよう(最終回)」

04 06, 2015
幼いテディにとって家中がトイレ状態だった時期も、
トイレを覚えた後のうっかりベッドでお漏らしも、
私の大切にしていた靴にヒットを決めたときも、どんな時も、
トイレの失敗で叱ったことは、叱ろうと思ったことすら、一度もなかった。


けど、今朝のトイレトレーニング中、かなり感情的に怒ってしまった。
叱ったんじゃなくて、あれは完全にただ私の怒りをぶつけただけ。

トイレトレーニングはいつだって穏やかに根気よく、
私はそんな器持ち合わせていなかったと実感した。


テディのAという行動に対してBの対処をすると
次はCとなって、それに対してDをすると今度はEになって、って。
もう何がなんだか私自身わからなくなってきてたんだと思う。

就寝前のヤギミルクで物理的作戦に出たのは
前回のブログに書いたのだけれど、
テディはすさまじい忍耐で、それすら我慢するように。


シートを敷くという行為と、「ちっこは?」という声掛け。
双方のコマンドをテディはしっかり理解していて、
その上で「家ではしない」という点が、最初から大きな壁だった。
どんどん下がる家トイレ率に焦燥感を募らせて
物理的作戦に出たけれど、その効用も切れて、
八方ふさがりになった私はイライラして怒っちゃって。
テディはしょんぼりしちゃって・・・。


爽快な春の日に感じたのは、
ドロドロの底なし沼に沈み込むような自己嫌悪。

で、

「やめよう」

って、思い至りました。


トイレトレーニング、やめる。
やめることにした!



泣き出しそうな顔をしたテディを見て、
大切なテディとの時間を、
嫌がる家トイレに費やすことよりも、
可愛がること、楽しむことほうがどんなに大事かと、
己の未熟さとともに、痛感した。


テディ、本当に、ごめんね。


150210IMG_4576.jpg




にほんブログ村 犬ブログ イングリッシュコッカースパニエルへ
にほんブログ村


老後、たとえ歩行がおぼつかなくなったとしても、
抱っこしてトイレにお連れしますよ。

という決意側で、
テディのトイレ奮闘記、
おしまい!!

スポンサーサイト
0 CommentsPosted in 日記
-0 Comments
Leave a comment
管理者にだけ表示を許可する
Top
-0 Trackbacks
Top
PROFILE

apelila17

Author:apelila17
タオ
・1998年生まれのプリティーネコ
・ダンナの正妻

テディ
・E.コッカーの男の子
・2012年9月15日-forever

チーパル
・ニンゲンの男の子
・2017年5月18日生まれ

グレン
・E.コッカーの男の子
・2017年9月22日生まれ


ブログ管理者のApelila17は編集者
(育休明けました)

NEW ENTRIES
ARCHIVES
CATEGORIES
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。