FC2ブログ

スポンサーサイト

-- --, --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

形骸化した「殺処分ゼロ」

07 23, 2016
― 長いです ―

もう終わりましたが
参議院選挙の時に犬バカな私が、
旦那や父、知人の数名から言われたこと。

「あの人、殺処分ゼロを公約にあげてるね」

うん、いましたね。
でもね、「殺処分ゼロ」なんて言葉で公約にあげる地点で、
もうまったく、信用なくなるわけです。

で、毎回言われる度に説明したことを、
SNSだけでなくここにも書いておこうかなって思いました。
犬ブログだし!



そもそも「殺処分ゼロ」というスローガンが生まれたきっかけは
2012年の動物愛護管理法改正です(2013年施行)。
この改正で、動物取扱業者からの引き取り要請に対して、
行政(保健所)は引き取りを拒否できるようになりました(第35条)

2014年には熊本市と札幌市が犬の殺処分ゼロ、
神奈川県が犬猫ともに殺処分ゼロを達成したと発表しています。

では、引き取りを拒否された犬猫はどこへいったのか。
となると決して明るい話ではありません。

結局のところ愛護団体等へしわよせがいき
犬の引き取り屋が台頭して「犬の回しっこ」へとつながっただけです。

1頭2~3万で引き取られ、転売する犬もいれば、そのまま飼殺される犬もいる。
「あとは死ぬだけの金にならない犬を引き取るバカは誰か」
そんな程度の思いで、だまし合いながら、命を命とも思わないまま、
犬を使ったババ抜きのようなことが繰り返されているだけです。
このことは、2014年以降、ニュースに度々上がる犬の大量破棄事件からも推し量ることができます。

いま、「殺処分ゼロ」という聞こえのいいスローガンによって、
保健所に保護され新たな飼い主に引き取られたほうがいいと思われるような境遇のペットも拒否される可能性に、
有識者たちは大きな懸念を抱き、警鐘を鳴らしています。

つまり、殺処分ゼロを達成したところで、不幸な犬の数は変わらないどころか、
増えている可能性もあるということです。


それが現状、「殺処分ゼロ」という言葉の意味するところです。



ちなみに、パピーミルと呼ばれる悪徳業者を根絶できない現状や、
動物愛護のための法改正も抜け道だらけになってしまう背景には
ペットショップでの販売を主とした大量生産大量販売というビジネスモデルがあると、
このことで取材した方はおっしゃっていました。

本当にそうだと思います。

展示された犬猫たち、その一頭一頭に感情があり、生きている。
すべての犬がヒエラルキーなく等しい存在に違いない。
ペットショップで売られる犬にだって、よき人間に買われ、幸せな生涯を生きる権利は当然ある。
彼らに罪はまったくない。
でも、それでも、ホームセンターを筆頭とするペットショップで犬を買ってはいけないし、正当化してもいけないと思う。
(過ぎたことではなく、これからのこととして)


わたしは、犬の展示販売をするような場所では
オヤツひとつだって買いません。

そして犬好きの自分にあとできることは、
犬のことをよく知らないという人にも、ペット産業の現状を広めるとともに
犬の素晴らしさを伝えることだと思っています。

そしていま日本に求められること、求めたいことは、
形骸化した殺処分ゼロというスローガンではなく、動物の福祉の向上です。




にほんブログ村

スポンサーサイト
0 CommentsPosted in 雑記
-0 Comments
Leave a comment
管理者にだけ表示を許可する
Top
-0 Trackbacks
Top
PROFILE

apelila17

Author:apelila17
タオ
・1998年生まれのプリティーネコ
・ダンナの正妻

テディ
・E.コッカーの男の子
・2012年9月15日-forever

チーパル
・ニンゲンの男の子
・2017年5月18日生まれ

グレン
・E.コッカーの男の子
・2017年9月22日生まれ


ブログ管理者のApelila17は編集者
(育休明けました)

NEW ENTRIES
ARCHIVES
CATEGORIES
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。